<<INDEX | <Prev Next>

「Believe」Blue Piano Man
Poem by 葉羽, Photo by 葉羽

  生かされて生きている  (詩:葉羽)

 ねえ君。

 僕たちは 長い長い回り道をして

 やっとここに辿り着いたんだね。

 

 せせらぎの光がこんなに綺麗だなんて

気づきもしなかった。

 鳥の声がこんなに優しいだなんて

思いもしなかった。

 

 初めからそこにあった真実。

“生かされて生きている”

 そう、僕たちは

生かされて生きて来たんだね。

 

好山園山荘近くのせせらぎ
せせらぎへと向かう道

楽翁師匠と令婦人
(師匠の顔が隠れちゃいました。)


む、何か動いた!
(イワナがたくさん生息するせせらぎを覗き込む。)

さあ、行くわよー!
(張り切るニコちゃんと、
心配そうに見つめるNISHI君&友人A)

うひゃー、たまりませんなぁ。
(ここが流れの中央地帯。
ビールもつまみもふんだんに取り放題。)


さぁ、どっからでもかかってきなさい!
(準備万端、待ち受ける受けるNISHI君の友人B

あのー、こっち側から入れた方が楽ですよ。
(へっぴり腰のニコちゃんにNISHI君がアドバイス。)
「あっ、そっかー!」

おーい、もうちょっとゆっくりにしてぇ!
(しんがりを守備するNISHI君の友人AとB。
ソーメンが池に流れ込むのを阻止せんと、
獅子奮迅の大活躍。)


あらぁ、キレイだわ。
(流れのシャッターチャンスを狙うニコちゃん。)

いやー、もう食えないっス。
(ギブアップ宣言。
ユウキの友人チャマキ(八巻)くん。)

「細~く、撮ってね。」
「チャマキの隣じゃムリムリ!」
(ユウキにフラレたので、チャマキを巻き込むケイコ。)


 

撤収完了。
(おーい、この帽子誰んだぁ?)

「また来る?」
「ん、サイコーだな。」
(葉羽&親父)
「ところで、ユウキは何処いったんだ?」

 

 ん? 何故、今回の写真は、ピントも甘いし“クリックで拡大”しないのかって?

 すみません。実は、それどこでなかったので・・・。

 最終コーナーを回ってから、ようやく少し余裕ができたので、固め撮りしたんです。

 では、いったい何があったのか?

 その実況中継は、通信その113「好山園の一番長い日」をご覧ください。

葉羽(2004.8.1)

PAGE TOP


  banner Copyright(C)好山楽翁&葉羽.All Right Reserved.