<<INDEX | <PREV NEXT>

 
  by Suzaku-RS / Site arranged by Habane
"Fair Wind" by TAM MusicFactory

朱雀RS 僕はFREE-STYLE-SKIを始めていた。

 

 空を飛ぶのは恐いし、コブ斜面は身体に悪いし、エアリアル・モーグルには目もくれずに、バレエSKIをしていた。

 土曜日のバレリーナを気取ってゲレンデへ通い詰めていた。

  ナオが言う。

三十迄にインストラクターになろうぜ!」

 僕は成り行きでうなずいていた。
 あまり、気は進まなかったのだけれど・・・

バレエSKI

バレエSKI

←こんなことをするらしい。

 SKIは主に3分野に分類される。
 競技・基礎・フリースタイルである。

 競技はお馴染みの旗をくぐってスピードを競う分野だ。
 僕には圧倒的な欠陥があって、競技は諦めていた。

朱雀RS(体重が軽すぎるのだ、いくら頑張ってもスピードが出ない。)

 草レースや市町村レベルの試合だとお立ち台に登れるが、
 県レベルの試合だとお話にならないのだ。

 負けるものはやったって仕方無い、
 スポーツは勝つ為にやるもんなのだぁ!

 こうして、なんだか、訳の判らない、
 勝ち負けのはっきりしない基礎SKIへと
 のめり込んで行くことになる。

(悪魔の声) だいたい、なんで股を開いて滑らなければならないのだ?

 あの、なんだ、プルークボーゲンとかいうやつ、大嫌いじゃ!
 その上、板をずらしてコントロールするんだと・・・
 ただでさえ遅いのに、カメになっちまうじゃないか?
 バッカじゃないのぉ~!

 スキーってば、重力と遠心力とお友達になって、
 落ちてくスポーツでしょう?止めてどうするの?

 足を開く、板をずらすなどの基礎スキー特有の技術に
 馴染むのに数年を費やすこととなる。

とボヤキながらも

とボヤキながらも

←黙々と滑り込む朱雀RS。

 僕とナオは師匠が千葉県スキー連盟所属だったので、
 千葉県スキー連盟に登録されていた。

 二人は、毎年’千葉県スキー技術選手権’なるものに
 出場するようになっていた。

 始めての選手権、124位
 二回目の選手権、63位

(悪魔の声) だめだ、こりゃぁ・・・

 3回目の選手権 32位

(悪魔の声)ん??

 同年、始めての準指導員検定を受検!
 ナオは実技の急斜面種目で・・・Xマーク
 僕は学科の指導法・救急措置で・・・Xマーク

朱雀RS(あれっ? 俺、実技は受かってた訳ぇ~?!)

 準指導員は二人して落っこった。

朱雀RS「ナオォ~、30になっちまうよぉ!もう、やめようよぉ~」

ユキ、もうすぐじゃん、続けようぜ!」

朱雀RS「フワァ~イ!!!」

 だが・・・・・・
 事件は、2回目の準指導員受検の年に起こった!

朱雀RS(4回目の選手権の時だった。)

 最後の調整をしていた時のことだ、
 師匠が驚きの表情を見せていた!

師匠「朱雀、今の凄くいい!!!」

師匠「今のなら、全日本でも点が出るよ!」

 満面の笑みを称えてそう言うのだ・・・

(悪魔の声) またまたぁ!

 どうせプレッシャー対策で木に登らせる作戦でしょう!
 千葉県のスキー技術選は5種目の合計得点で争われる。
 体操やフィギュアスケートを
 思い浮かべて頂ければ似たようなものだ。

 取敢えず、師匠の誉めてくれたイメージで滑る事にした。
 淡々と種目をこなすつもりでいた。
 力を出しきれるようにと思うばかりだった。

 2番目の種目、「緩斜面パラレルターン」で、
 GOAL-ZONEに止まったその時だった。
 僕はボーっとしていた。

(悪魔の声)ん? なんだか、いつもより気持ちがいいぞぉ~

「うおおぉ~!!!」とチームメイトから歓声が上がった!!!
 COATを出た僕はもみくちゃにされて’胴上げ’をされていた。
 得点ボードを見ると’99’、’97’、’98’、’98’、’99’。

朱雀RS(最高・最低を除く5審3採で、僕の得点は’98.33’になる。)

朱雀RS「ナニィ~有り得ない!」

 体操の鞍馬で’9.83’を出したようなものだ。
 90点前後平均で、県で20位前後の戦いをする僕であった。

朱雀RS「信じられない、うそだ、うそだぁ~!」

 訳の判らないうちに・・・僕は、種目別で2位を獲得してしまった。
 他の種目は予定より高い92点前後の点数を叩き出した。

(悪魔の声)はぁ~やっぱりなぁ~

 こんなものだろう・・・目標の20位に入れたかなぁ?
 ところがである!皆、0.33の戦いをしているのである。
 一種目でも高得点が出ると、平均点はぐっと上がり、
 順位はポーンと跳ね上がってしまうのだ!
 僕はたった一種目の御蔭で、
 総合9位で入賞してしまったのだった。

 実力は20位前後であるにも関わらず、
 その日、僕は千葉で9番目にスキーの上手い男となった。

千葉で9番目の男

千葉で9番目の男


 ところが、いざ入賞してしまうと欲が出てくる。

 千葉県の全日本スキー技術選手権の出場枠は6名なので、
 僕はあと3名を抜いていれば全日本選手権に出場出来たのだ。

(悪魔の声)行きたい! いきたい! イキタイィ~!

 行かせてくれぃ、全日本選手権へ・・・

 スキー連盟は財団法人の形をとることが多く、
 利権がらみの関係や争いの強い世界なのだ。

 入賞者10名の内、北海道(どさんこ)の選手が6人、
 カザマスキーホワイトクルーやオガサカスキーチームや
 どさんこの人達とかぶるが、メーカー所属の選手が7人・・・

 純粋に千葉のサンデースキーヤーは
 たったの2名しかいないのだ。

(悪魔の声)あのぉ~千葉県の選手権ですよねぇ~?

朱雀RS「バカヤロウ~ 北海道へ帰れぇ~」

朱雀RS「コノヤロウォ~ 千葉に来るなぁ~」

 どうせ、フロックなんだからぁ!
 こんなの二度とないんだからぁ!
 お願いだぁ!!!行かせてくれぇ!!!全日本選手権にぃ~
 北海道(どさんこ)のアホタレェ~

 その年、ナオと僕は、揃って準指導員に合格して誓いを果たした。
 僕は体育教師にこそなれなかったが、
 スキー教師のはしくれとなった。

 僕は思う!

「身の丈に合わない」とか、
「実力相違」とか・・・高望みをしてはいけないのだと。

 人には‘分相応’ってもんがあるのだぞと・・・
 だけどね、だけど行きたかったよぉ、全日本!

 こうやって、抜け出せなくなって身を崩すアスリートって、
 実は沢山いるんだろうなぁ~ギリギリの人達!

今日も風を集めて

今日も風を集めて

 翌年の5回目の千葉の選手権では、11位で終了!

(悪魔の声)あれぇ、あながちフロックでもないじゃん!

 あと5人抜けば全日本出場じゃん!!!
 が、毎年、抜かなければならない人達は
 増えていくばかりであった。
 こうして、ハマって抜け出せなくなってしまった僕であったのだ。

(悪魔の声)いまだに、現役なんだぞぉ~!

 あの日の入賞はなんだったのだろう?
 夢ぇ見ちまったじゃぁないかぁ!
 僕の青春を返せぇぇ~!!!
 お願いだ、やりなおさせてくれィ!

 上を向いたらキリがない
 下を向いたらアトがない
 さじをなげるはまだまだ早い
 五分の魂 泣いて 泣いてたまるかっ!
 夢がある

(by 朱雀RS 2012.8.5 リニューアル・アップ)

葉羽寄せる波があれば引く波もある。人生すべて“塞翁が馬”。

 そして、成功は一時の喜びをもたらすけれども、
 失敗から学ぶことで、より多くの人間的な成長があると思う。

 だから・・・
 どんなことがあっても“泣いてたまるかっ!”
 頑張れ朱雀RS、僕たちは君を応援する。


 


PAGE TOP

 

 Copyright(C) Suzaku-RS&Habane. All Rights Reserved.