<<INDEX | <PREV NEXT>

 
  by Suzaku-RS / Site arranged by Habane
"Fair Wind" by TAM MusicFactory

朱雀RS 話は少しさかのぼる。

 

 高校生活も終局となり、受験シーズンを迎えていた。
 僕は体育教師になりたかった。

「国立か六大学以外は駄目だぞ!」と父が言う。

朱雀RS「トウチャン、俺、石校だよ、
    ここ数年は国立なんか誰も入ってないよ!」

「体育教師になるなら、F大教育学部・特設体育学科だぞ!
   
大丈夫、オマエはやれば、出来る。」と更に父が言う。

朱雀RS「あのね、トウチャン“やれば出来る!”はね
    今、出来ないんだから“出来ない!”と一緒なの!!」

(悪魔の声) だいたい、誰がキャンパスまで、親と一緒に過ごしたいと思うものか!

 やる奴は、ほっといたってやるのよ、
 やらない奴は、誰が何と言おうとやらない!!!
 アンタの末子は後者なのだよ、しっかり認識しなくちゃあね!

 しかし、プロネタリアートは、
 資本家の言う事は聞かなければならない。

 だいたい、柔道・剣道・空手・居合・手裏剣とか、
 訳判らないのも入れると合計20段を越してしまう男になんか、
 逆らえる筈もない。

朱雀RS(その、力で威圧的に人を押さえ込む態度、改めた方が良いと思うぞ!)

(高校は出たけれど・・・)

 ほらぁ~ 全部落ちちまったい!!!
 偏差値見れば判るじゃない。

 スポーツもそうだけど、受験も科学しないとぉ~!
 ホントに世間知らずなんだからぁ~

朱雀RS(失敗は人のせいにすると、とても楽である!)

 大学受験は失敗したが、(いや、失敗と言えるのだろうか?)
 まぁ、当然の結果を貰っていた。
 とにもかくにも、やっと高校の’卒業証書’を手にしていた。

なんか文句あっか!

なんか文句あっか!

(当時の朱雀RS)

 骨を粉々に砕く程の安堵感と達成感に満たされていた。
 まるで、人生のGOALに達した様であったのだ。

 父の好意で浪人を認めてもらい、上京した。
 高級住宅地「西荻窪」在住となった。

 が、浪人の一年間は脱力感に満ち溢れ、
 学力なんぞ上がろう筈もなかった。

 だいたい、お目付け役の兄と毎晩飲み歩くは、
 山にこもるは、かなわぬ恋に夢中になるは・・・
 結局、翌年も父と同じ会話を繰り返すだけであった。

朱雀RS「これでは、いけない。3年間も余分に過ごしてしまった!」

 やっぱり“手に職”だ!
 僕は早く世に出て、独立する事を望んだ。

 “板前”・“自動車整備”の道を主張したが、
「オマエにあんな辛い修行が務まる筈がない!」
 
という兄の力強い言葉に・・・

朱雀RS「あぁ、なる程!」と納得してしまった。

(悪魔の声) バカにすんじゃねぇ!当たっているけれども・・・

 家族会議の結果、コンピューター技師の道を選択し、
 僕は富士通電子計算機専門学校に入学した。

 大田区蒲田の富士通システムラボラトリ内にあるその学校は、
 ユーザー以外のマーケット開拓を担う、企業保有の教育機関で、
 高校からの進学よりも企業派遣のリーマンの方が多かった。

富士通システムラボにて

富士通システムラボにて

 そこで、一生涯の仲間二人を手に入れる事が出来たし、
 なによりも面白いのだ、コンピューターってば!!!

 寝食を忘れて学んだ!
 プログラミング課程は主席で修了した。

朱雀RS(有り得ないっ!!!)

 表彰されるところだったが、出席日数不足でポシャッた!

(悪魔の声) ああ、やっぱりねぇ~

 更に、システムエンジニア課程・研究課程と、
 準備されているコースは全て受講してしまった。
 まるで、学校のヌシになってしまったようであった。

 生活環境は変り、目標意識が芽生え、人格迄変ってしまった。
 穏やかで、優しく、許容力が増したようであった。

朱雀RS(自分で言うのが恥ずかしいぃ~)

好青年:朱雀RS

好青年:朱雀RS

←(意外と普通じゃん…)

 研究過程の時には実習講師に任命され、
 幾ばくかの収入もあった。
 履歴書には’専門学校講師’と書いている、ウソも方便だ!

 実習講師の役割は、まぁオペレーターってとこで、
 学生さんにアドバイスしたり、教材を作ったりする。
 一番凄いのは、マシンの管理者たる事であった。

 最新鋭の大型汎用機の管理をするのである。
 並の専門学校では考えられないことだ。
 何億もする機械が僕の物と一緒なのである!

 富士通の研究員に貸し出したりもするので、
 なんだか、とっても偉くなった気分だった。

 やけに、学生さんからのお誘いが多くなった。
 やれ、食事を御馳走するの、お酒を御馳走するの・・・
 僕には身に覚えの無い、人気の高さなのだ!

 最後に必ずのフレーズ、

「機械、ちょと使わせてくれない!?」

女子学生の人気者

女子学生の人気者

←(そんな時代もありました。)

 あぁ、成る程ぉ~ 権力を握るってば、こういう事なんだぁ・・・!
 実習時間内で終える事の出来ない課題を終わらせて
 成績を確保したいんだ?
 企業派遣の人はチビシィんだなぁ!!!

 機械を使わせはしなかったが、
 僕は学校に住んでいるようなものだったので、
 自分の研究テーマの空いた時間に処理してあげた。

 研究テーマは“シンタックスチェッカーにおける逆ポーランド解析”
 卒業制作は“マシンランゲッジによるアセンブラの作成”・・・

(悪魔の声) 何の事か判らない? 実は大したことないです、はい!

 僕の作ったアセンブラはそのまま教材となった!!!

朱雀RS「ウレピィ~!」

 上を向いたらキリがない
 下を向いたらアトがない
 さじをなげるはまだまだ早い
 五分の魂 泣いて 泣いてたまるかっ!
 夢がある

(by 朱雀RS 2012.6.26 リニューアル・アップ)

朱雀RS葉羽さま 

 有難う御座いました。思わぬ反響に驚いています。
 自分の記録簿を作成しているようなもので・・・
 御恥ずかしい限りです。

 どうも、同窓生のミンナには、
 軽い奴だと思われているフシがありまして、
 ちょっと、心外だったのですが・・・いやぁ、否定はしませんよ、
 軽いです!!!

 でもね、僕にも、ちったぁ’純’な処もあるのです。

 読み返してみると、あの5年間が僕の全てであったような
 気がしたりするのです。

 (思い出しては、ホロリ・・・・不覚!)

 今、やっと、いろんな呪縛から解き放たれて、
 やっと始りを迎えたような気がしてくるのです。

 “んっしゃぁ~ 生きてやる!”

 誰もの明日が、良い一日で有りますように・・・


 


PAGE TOP

 

 Copyright(C) Suzaku-RS&Habane. All Rights Reserved.