<<Index | <Prev / Next>
 その147 ドリーム・クルーズ
「モーニングコーヒー」Benchi time

 今年1月末、世界最大の超豪華客船が就航!

 最初にご覧いただくのはコチラの画・・

 どこかの都市の大ホール? いやいやいやコレは、クルーズ船「「コスタ・スメラルダ」のホールから見た風景。

 もう大きすぎて、自分が何処にいるのか分からなくなりそう。

 思えばコロナ禍が始まる前、ケイ子と”棺桶リスト”の「豪華客船の船旅」と「ドイツ&中欧の旅」のどちらを優先しようか考えて、結局、ドイツ行きの航空券まで手配しReiちゃんや現地のインさんと旅行プランをまとめたのに、コロナ襲来で中止。

 同じ時期、豪華客船の旅を予定していたGINさんもやはり中止を余儀なく。うむむむ。

 不思議なもので5年も過ぎると、あの時準備していた資金が雲散霧消していました(涙)

 で、コロナ禍が(一応)過ぎ去った現在、世界的に豪華客船の旅が大流行だそうです。

 例えばコレ・・

 洋上の宮殿とも呼ばれる「セブンシーズ エクスプローラー」のアトリウム。

 コレが「マジェスティック・プリンセス」だと更にこうなる!?

 

 展望風呂やカジノを備えた「プリンセス・クルーズ」のデッキ。

 

 「セレブリティ・ミレニアム」の船内大劇場。

 

 天井全体を巨大なLEDスクリーンで覆うプロムナードの「MSCベリッシマ」。

 

 「セレブリティ・フローラ」は洋上グランピングもできてしまうし・・

 

 「シーニック・エクリプス」には、潜水艦での海底探索まで付いてくる!

 

 だがしかぁしっ!!

 今年、1月31日に就航した世界最大の超豪華客船「アイコン・オブ・ザ・シーズ」はさらに桁外れに凄い!

 なななな・・なんと、今までのクルーズ船4つか5つくらいの施設が詰め込まれている?

葉羽別資料で確認したら、大きさはあの「タイタニック号」の5倍だそうです。

 上の俯瞰図では、右上に小さく見える艦尾の「洋上テーマパーク」は実際はこんな・・

 

 デカい!!

 マイアミを母港としカリブ海を運航するこの「アイコン・オブ・ザ・シーズ」の全長は365m、20階建ての「海の上の超巨大テーマパーク」とも呼ばれます。

 乗客・乗員の収容人数は9950人。すでに街のレベル・・いや、密集してるから都市と呼ぶべきか。

 実際、この船内は8つの「街」から構成されており、洋上最大のウォーターパークエリアや美しい滝が宙を流れるアクアドーム、本物の樹木が植えられたオープンエア公園まである。

 並木道のプロムナードがある「セントラルパーク」・・

 

 天空から滝が流れ落ちる「アクアドーム」・・

 

 眼下に海を望むインフィニティ・プールがある「サーフサイド」・・

 

 実力派のスケーターが技を披露する円形アイスアリーナ「アブソリュートゼロ」など。

 

 すべて採り上げることできませんが、「8つの街」には人々を飽きさせないアミューズメント施設が盛りだくさん。

 この「アイコン・オブ・ザ・シーズ」を運営するロイヤル・カリビアン・インターナショナルは、カリブ海に浮かぶ島「ココケイ」にプライベートリゾート「パーフェクトデイ アット ココケイ」も所有しています。

 そう、「アイコン・オブ・ザ・シーズ」の重要な寄港先の一つがこのリゾートなのです。

 ここには、カリブ海最大の淡水プールを備えた「オアシス・ラグーン」や・・

 

 波の出る巨大プール「ジップライン」など・・

 

 数々のアミューズメント施設が完備され、至れり尽くせり。

 まさに夢のような船旅が楽しめそうです。(行けないけど:笑)

 《配信:2024.6.24》

葉羽なお、この運営会社「ロイヤル・カリビアン・インターナショナル」は、26席のクルーズ船を所有し、Travel Weekly Readers Choice Awardsで20年連続「Best Cruise Line Overall(クルーズ・ライン総合第1位)」に選ばれています。

 あ・・客室の写真載せるのを忘れてました。コチラです・・

 「アイコン・オブ・ザ・シーズ」客室

 

PAGE TOP


 

 Copyright(C) Habane. All Rights Reserved.