<Prev | Next>
「windblue」 by MIDIBOX


身内の不幸で里帰りしているが、まず今朝は吾妻小富士の雄大な景色に胸打たれる。

吾妻小富士(2つある山の火口の穴の見える右側の山)

 街は、新型コロナウイルスで人手は少ないが、もとより東京のように人で溢れているわけではない。

 そして、朝の連続テレビ小説「エール」の舞台がこの福島市及び近くの川俣町(絹織物の町として有名)というわけで、街を挙げての「エール」祭り。

「福島は古関裕而のまち!」というわけだ。

 福島駅前の現在↓

 右の背景画像は、今回の「エール祭り」がある前から駅前に建立されていた古関裕而の銅像。

 古関裕而に校歌を作曲依頼した学校はかなりある。どれどれ。

 よく見ると、私の母校福島市立第三小学校もそうだったのを発見‼️

 葬儀場のすぐ近くのラーメン屋で昼飯。

 ラーメン「大志軒」。東京では見慣れない店名。

 国道13号線にすぐ先で合流する西道路沿いにあるイズムグループ(本社福島県郡山市)のラーメンチェーン。

 ランチセットAは本丸醤油ラーメン背脂少々と黒チャーハンセット803円(税込)。ウ、ウマイ!

 背脂の旨味と煮干し、歯応えある中太縮れ麺のバランスがお見事!そして黒半チャーハンのパラパラ感溢れる米粒の滋味が堪らない!

 これはなかなかの存在感。東京進出も近そうだ。

本丸醤油ラーメン背脂少々と黒チャーハンセット803円

 そしてデザートのソフトクリームが濃厚な札幌スタイルで価格は110円(税込)。

 よく考えたら外食するのは、40日ぶりだった。

 感激するのも無理からぬことである。評価が甘くなっているかも。

 そして葬儀へ…。

 92歳10カ月で逝った我が母の部屋にあった2冊の本を棺に入れた。

 2冊とも私が送った本だ。

2冊の本

「長く生き過ぎた」が口癖だったが、本当のところはどうだったのだろう。

 火葬場で待っている間に、売店で買って来た酒が下の写真。

 こんな変わった酒が売られている。

(2020.5.22「岸波通信」配信 by 三浦彰 &葉羽

PAGE TOP


  banner  Copyright(C) Miura Akira&Habane. All Rights Reserved.