<<INDEX | <PrevNext>

「Believe」
by Blue Piano Man
Photo by Emiko

2005年10月9日(日)、好山園で催された“大芋煮会”の風景です。 クリックで拡大はありません。残念っ!

葉羽

 雨が心配された日曜日でしたが、さすがに楽翁師匠の日頃の行いがよかったために、すっかり晴れ渡りました。

 10時に庭坂運転免許センター前に集合した葉羽一行約20名は、5台の車に分乗して、楽翁師匠の待つ好山園へ。

 今回は、楽翁夫人が都合で参加できなかったため、Emikoねえさんが料理に写真にと大活躍です。

 今回は、春の「山菜を楽しむ会」にも参加した中国湖北省の呂さんが、お友達の中国人6人を連れて参加してくれたので、国際色豊かでにぎやかな芋煮会となりました。

 呂さん、ありがとう!

1 好山園の花木
2 宴会開始っ!
3 楽翁一家と中国メンバー

4 昨日は京都でした

5 すずき君とジュニア
6 お隣は中国の女医さん
7 びみょーにウレシイ
8 こちらは葉羽グループ

 

葉羽

 到着していきなり驚いたのは、中国から林業研究センターに来ている研修生と県立医大に派遣されている女医さんが、「あ!先生!!」との叫び。

 なんと、Emikoねえさんは、二人の日本語教室の先生だったのです。

 でも、オドロキはそれにとどまりませんでした。

 Emikoねえさんの旦那様のお医者さんO先生は、今回初参加の紅緒ちゃんの亡くなられた旦那さん(お医者さん)と医局でよく知り合った仲だったのです。

 しかぁーしっつ!

 さらに、オドロキはそれにとどまりません! (↓続く)

9 シンヤ君、慎むよーに!
10 来てよかったね。
11 黄色い朱雀?!
12 どんどんいきましょう
13 こんなに大きいんです
14 画伯と葉羽
15 呂さん再び登場!
16 これナーニ?

 

葉羽

 なんと、このO先生は、研修医の新米医師だった頃、養護教諭だったお姉さんの代打で、急遽、中学校の修学旅行に同行したことがあり、その修学旅行というのが・・・

 そうです! 葉羽やMIZO画伯や朱雀RSの修学旅行だったのですっ!

 (何と、記念写真に、ナイスガイ先生もしっかり写っていました!)

 で、何事も無ければよかったのですが、こういう代打の時に限ってなにか起こるもの。

 修学旅行先で腹痛を起こして悶絶したのが、うふふ・・・そう、君ですね!

 現在は「岸波通信」の読者であり、葉羽の主治医でもある●●クリニックの院長先生。

 そ、ア・ナ・タですっ! (あはははは!)

 毎回、不思議な赤い糸に導かれているかのような「岸波通信」のオフ会です・・・。

17 おみずちょうだい
18 ジョイのmamiちゃん
19 あら、そーなんですか?
20 湖北省から来ました
21 たのしー!(呂さん)
22 私って日本人に見えない?
23 まだまだあるしっ!
24 すずきジュニアとママ


葉羽

 それにしても、今回参加した紅緒ちゃんの娘さんの琴恵ちゃんは、よーく働いてました。

 美人なばかりでなく、気立てもよく、ひたすらジンギスカンの焼き係に専従。

 また一方では、目立たないところで、すずき君も焼トリを作ってるし、ケメさんはずっと配り方をやってるし、ホント、働き者が多いメンバーで助かるなぁ。

 でも、何といっても、大殊勲賞はEmikoねえさんでしょう。

 なんたって、仕込みや下ごしらえを一手にやったほかに、これだけの記録写真も撮ったのですから!

 Emikoねえさん、ありがとうございます!

25 芋煮、サイコー!
26 林業研究センター?
27 オレのヨメに来ねーか?
28 すずき一家で~す
29 中国でもやろうかしら?
30 そりゃいい考えだ!
31 あれ、シンヤ君がいない
32 ヨメにもらうかんね!
33 えー私達の修学旅行に?
34 もうオナカいっぱい
35 じゃ、片付けよか?
END

 

葉羽

 またまた大成功に終わった今回の“大芋煮会”。

 一時帰国中で参加できなかったSANDYさんに都合が合わなかったクマちゃん、まめしば嬢ほかの皆さんは残念でした。

 最後の話は、mamiちゃんの小学校2年生の娘さんに「ヨメに来ないか!」を連発していた朱雀RSです。

「なー、ほんとにヨメにおいでよー。」

「やだー!」

「そんなこと言うと、捕まえちゃうぞ。こらマテェ!」

「きゃー!」

「あ、わかった、わかった。 じゃあ・・・」

・・・(三秒考えて)・・・

 

「僕の にならないか?」

mamiママ「ん!?」

 

 お後がよろしいようで。

 ではまた~!

PAGE TOP


  banner Copyright(C)好山楽翁&葉羽.All Right Reserved.