<<INDEX | <Prev Next>

「Believe」Blue Piano Man
Poem by 葉羽, Photo by 好山楽翁

  旅立ちの朝  (詩:葉羽)

 あんな真っ黒な雛たちが 

 もうすぐ天使のような翼を翻して

 大空を駆ける白鳥になるんだね

 

 白鳥が巣立つ頃には

 君もこの家から旅立って行く

 

 まだまだヘタレな君ではあるけれど

 いつか強い男になりなさい

 優しい男になりなさい

 

 “男は強くなければ生きてはいけない”

 “男は優しくなければ生きる資格がない”

 そう・・・優しさは心の強さだよ

 

 苦労したと言わずに

 苦労をかけたねと言える男になりなさい

 

 逆境にある時こそ

 大切な人を守れる男になりなさい

 

 どんなにつらいことがあっても

 さりげなく生きているように見える男になりなさい

 

 そうさ、厳しい命の旅なのに

 美しく大空を飛翔する

 あの白鳥のように・・・

 

(※クリックでスタート↓)
     
01 阿武隈川河畔  

02 白鳥の群れ

 

03 白鳥・遠景

04 白鳥・近景

 


 

 

 

 好山楽翁師匠が撮影した阿武隈川の白鳥たちです。

 この阿武隈川は、高村光太郎のあの有名な「樹下の二人」にも歌われています。

  「樹下の二人」
あれが阿多多羅山、 あの光るのが阿武隈川。
ここはあなたの生まれたふるさと、
あの小さな白壁の點點があなたのうちの酒庫さかぐら。
それでは足をのびのびと投げ出して、
このがらんと晴れ渡つた北国の木の香に
満ちた空気を吸はう。

 また、高村光太郎は「智恵子抄」などで詩人として知られていますが、彼の彫った彫刻をご覧になったことはあるでしょうか?

 下が初期の代表作と呼ばれる「裸婦座像」ですが、このモデルとなったのが・・・そう、福島県生まれの智恵子です。

裸婦座像

葉羽(2005.3.5)

PAGE TOP


  banner Copyright(C)好山楽翁&葉羽.All Right Reserved.