その199
目次へ前へ次へ

 

  鯖湖湯とジビエの夜 (詩:大和伸一&葉羽)

 年のせいか
 乾燥肌とヒートテックで
 痒みに悩まされ
 痒み止めよりは熱い温泉と
 鯖湖湯へ一直線

 痺れる熱さを
 我慢して浸っていると
 地元の常連がこちらを見ながら
「イヤ〜今日はぬるいなァ〜」
 と何時もの会話

 そんな中
 一人の客が洗い終え
 浴槽に入った瞬間
「アヅッ😖…アッ、ぬ、ぬるいなァ〜」
 聞いてはいけない声を聞く(笑)

 その帰りしな
 焼き芋を買いに
 立ち寄った八百屋にて
 鹿肉の刺身、猪肉の焼肉、
 米沢牛やら牡丹鍋を振る舞われ
 秋刀魚まで出そうになった所で
 慌てて辞退💦

 無性に楽しくなり
 笑いながら帰った飯坂の夜
(なんでやねん!)

Poem by 葉羽
 MP3 by 音楽の卵 “はじめてのお菓子作り”
  Site Aranged by Habane
   Photo by 大和伸一「鯖湖湯」

PAGE TOP


 

banner
Copyright(C) Habane. All Rights Reserved.