その151
目次へ前へ次へ

 

  雨上がりの幻影 (詩:葉羽)

 cafe周り…
 雲行きのあやしい空

 昨夜から
 空気はシットリと重く
 朝からの雨降り

 誰もいないcafeで
 独り本を読んでいると

 いつの間にか雨が上がり
 あたり一面の霧・・

 色付き始めた森が色を失い
 息遣いだけが聞こえてきそうだ

 ふと霧の中
 遠い昔のように
 妻と語らっている気がした

 妻の励ます声が聞こえ
 微笑む眼差しが見えた

 それは今
 木々を照らしはじめた
 陽射しよりも暖かだった

Poem by 葉羽
 MP3 by 音楽の卵 "落葉"
  Site Aranged by Habane
   Photo by 大和伸一”陽射し"

PAGE TOP


 

banner
Copyright(C) Habane. All Rights Reserved.