<<INDEX || <PREV / NEXT>
第485話「卓球少年」



by ちぃな ちぃな
背景素材:ふわふわ。り
MP3"散歩道" TAM Music Factory
Site arranged by 葉羽

 

 

 

 

 

 

 

 卓球少年

ちぃな 中2の次男様、去年から始めた部活の卓球に夢中です。

 去年、部活は卓球にすると言ったものの、堪努力とか練習とか堪え性とか忍耐とか真面目とか連帯感とか、およそ部活っぽい単語とは縁遠かった彼ですよ。

 土日、朝かーちゃんが起きてなくても自分で起きて準備して部活行ってるとかw(゜o゜)w

 テレビの卓球の試合を自分で調べて録画したいと行ったりとかw(゜o゜)w
 家で座卓を卓球台代わりにめっちゃ練習してるとかw(゜o゜)w

 どーせそのうち飽きて辞めるって言うよな~と思ってたかーちゃん、たまげた。

 極めつけ、

ちぃな次男「卓球のラケットのラバーの張り替えをしたい。」

ちぃな「どこでやるの?」

ちぃな次男「この店」

ちぃな「お金は?」

ちぃな次男「ばーばにもらったお年玉使う」

ちぃな「ママは分かんないから、一緒にお店に行くしかできないけど、どれって分かってるの?」

ちぃな次男「オレは分かってる。自分で言ってお金も払うから、連れて行くだけママ連れてって。」

 なんと、あの超ビビりな内弁慶が。

 実際一緒に卓球ショップに行き、ど緊張しながらも自分で希望を伝えてお金も払えた次男様。

 家に帰るまで緊張しておりましたが、帰宅した途端にとてもいい笑顔になり、いい経験になったんだなと思う。

 体調悪くて学校休んで家で寝てたいと言う日も、部活あるなら行くけど、と言う。

 なんと、一昨年2ヶ月間1日も学校行かなかった人が。

 俵万智の短歌たんぽぽの 綿毛をふいて 見せてやる いつかお前も とんでいくから」というのを思い出します。

 もう一句、ちぃな母に教えてもらった俵万智作品。

「振り向かぬ子を見送れり/振り向いた時に振る手を/用意しながら」

ちぃな「かーさん、何かごめん」

ちぃな母「何が?母の気持ちを文字にしてくれてありがとう万智ちゃん、て思うだけや」

 そうか、最近私も同じか。

 ぼっちゃんズが学校行く時「行ってらっしゃい」に対して「あー」とか「んー」とかは言うけど、振り返ることはしない彼らに対して、背中を見送るだけでじゅーぶんな自分に気が付きました。

 またお母様に孝行せにゃならん気分になってきた。。。

(配信:2024.7.11 ちぃなちぃな)  To be continued⇒

   

PAGE TOP


   Copyright(C) Chiina&Habane. All Rights Reserved.