| HOME | NAVIGATION | INDEX |
 
<前のラーメン道 | 次のラーメン道>
 

  BGM "夢日和" by My WORLD

 

 
今回登場するメンバー

岸波岸波カリスマ彰店主daddydaddy

 

Our Way of Ra-a-men 111Rio

岸波岸波 皆さん、今日もおいしいラーメン喰ってますか~!

 退かぬ!! 媚びぬ!! 省みぬ!!

 “愛ゆえにラーメンを捨てられない男”が、もう一人やって参りました。

 ご存じ、ファッション界のカリスマ・インタビュアーカリスマ彰氏でございます。

←(まあ、何回も登場しているけど。)daddydaddy

ラーメン

(麺庄)

 今回は、カリスマ彰が先般帰郷の際に書いた"ファッションの達人!"その284「母親の引っ越しの合間に「麺匠」「魚太」をチェックし日帰りした強行軍を写真回顧」からの移植。

 まあ、半分以上は「ラーメン以外」なので『外伝』でもいいかと思ったんですが、実はその文中に「どっちが旨いのか葉羽に聞いてみよう」という問いかけがあったのです。

 ということで、その話を次に書くために、丸ごと持って来たという次第。

 それでは早速カリスマ彰氏、どうぞ~♪

ということで、ラーメン道、もういっちょー!!

line

 

1 海老ワンタン麺! Rio

昨日は、転倒骨折した母の退院と引越しのために福島市へ。天気が良くて助かった。

 8時に家を出て大宮経由で10時半に福島駅着。

 駅の窓から吾妻小富士と浄土平が綺麗に見える。

 写真はイマイチだなあ。

吾妻小富士と浄土平

(新幹線福島駅より)

 福島駅構内。お、競馬開催中か。

 この馬の銅像はなんていう馬かな。

 名馬なんだろうが、福島競馬場で走ったことがある馬だとは思うが。

 JRAに問い合わせしてみるか。そう言えば、JRAの取締役になった高校の同級生がいたな。

 

 引越し作業を嫁と息子に任せて、東福島の大原医療センターへ移動。

 途中、電車を待つ合間に、気になっていた駅近く(早稲町)のラーメン屋「麺庄」(旧店名「あきんどう」)で海老ワンタン麺(850円)の昼飯。

 

 店内には10人ほどの客でほぼ満員。

 サッカーの本田圭佑やさかなクンの来店写真が貼ってある。

 なんと自家製麺の部屋がある。

 麺は加水率低い中太ストレート。メンマは穂先メンマ。スープは鶏ガラあっさりでかなり塩っぱい。

 柚子の香りの海老ワンタンはプリプリで旨い!んーん、64点(合格点65点)かな。

海老ワンタン麺

(麺庄:850円)

 早稲町には「らぁめん たけや」というライバル店があり、張り合っているようだ。どっちが旨いのか葉羽に聞いてみよう。

line

 

2 カサゴの煮付け! Rio

 母の新居(介護付き老人ホーム)は旭町にあり、福島競馬場の近く。

 今回同行した嫁と息子は、新居に先着していて、なんと競馬場へ見学に行きJRAに寄付活動していた!

 

 引越し作業を終えて、新幹線を待つ間、駅前の寿司屋「辰巳」で一杯と思ったが、5時からということで入店を断られる。

 仕方なく4時からやってる駅前の「大衆酒場 魚太」(大衆魚太酒場?)でお疲れ会。

 

 他に「炙り屋ジョニー」なんかをやっている福島市内の居酒屋チェーンらしいが、私の好きな静岡おでんがありまずまずの店。やはり東京なんかに比べると原価率は高い。

 

 お薦めの「カサゴの煮付け」が470円!

 なんかこぎれいに変な付け合わせをしないでドサッとカサゴを置いているのが福島らしく清々しい。

カサゴ

(魚太:470円)

 居酒屋を出て、私だけ単独行動で、早稲町の「らぁめん たけや」へ移動。しかし、なんと本日休業!参った!

 ちょっと横を覗いたら4人の行列!「餃子 山女(やまめ)」。

 この店の食べログ評価は3.52、レビュー数87件。「麺庄」も「たけや」も3.5には届かなかったしレビュー数も20〜30件程度だから「山女」はなかなかの店らしい。

 

 飯坂温泉に本店があり、駅前に店を出している「照井」に並ぶ存在らしい。しかし、福島名物の円盤餃子を行列までして食べる気力はなく、新幹線に乗って帰京。

 日帰りで退院作業と引越し作業を同時進行とはさすがに疲れた。

 

/// end of the “その111 「麺庄+魚太」” ///

line

 

《追伸》

岸波う~ん、なんか「ラーメン」の分量が少ないなぁ(笑)

 麺庄は以前「あきんどう」という名前でやってまして、名前が変わった時に別の店が"居抜き"で入れ替わったのだと思って食べに行きました。

 すると、メニューも(ほぼ)同じ、店主の顔も同じ…って、同じ店やん!!

 何故に店名を変えたのか未だに謎のままなのであります。

 それにしても店の看板・・・

 

 どう考えても、前の『あきんどう』を塗りつぶして、部分的に『麺庄』を貼りなおしただけ・・もうちょっと何とかならなかったものでしょうか。

 "自家製麺"とありますが、たしかに麺打ち場もあるので自家製なのでしょうが、打ち上がった麺は幅の揃った中細のストレート麺。おそらく機械で切っていると思われます。

 まあ、僕の場合、会津・喜多方あるいは白河のピロピロ麺が好きなので、ストレートの自家製麺や特注麺というものに価値を感じないのですけれども。

 しかし、ワンタンは美味い。そしてスープもなかなかのもの。

 さて、一方の「らぁめん たけや」は如何に? ・・答えは次号で!

 

 では、また次の「新・ラーメン道」で・・・See you again !

お店の場所

(麺庄)

eメールはこちらへ  または habane8@ybb.ne.jp まで!icon    icon
Give the author your feedback, your comments + thoughts are always greatly appreciated.

 



Copyright(C) Habane. All Rights Reserved.

   

PAGE TOP