その23
目次へ前へ次へ

 

  聖夜の二人 (詩:葉羽)

 老夫婦が歩いて行く
 聖夜の光の海の中を

 思い出を数えるように
 ゆっくりと 一歩ずつ

 盲いた夫は
 妻に手を引かれながら

 人生を振り返るように
 ゆっくりと 一歩ずつ

 二人の道行きに
 きっと言葉は要らない

 繋ぎ合った手の
 温もりだけを道連れに

 老夫婦が歩いて行く
 聖夜の光の海の中を

Poem by Habane
 BGM by TAM Music Factory "月の雫"
  Photo“仙台光のページェント”
   Site Arranged by Habane

 

banner
Copyright(C) Habane. All Rights Reserved.