<<INDEX | <PrevNext>

「リラの風」
by Nayurally art studio
Photo&Report by 好山楽翁

第21集は楽翁師匠からのお便りです。

【夏の好山園】(2006.8.23)

好山楽翁

 葉羽様

 ご無沙汰しています。

ケメさんの俎板ありました。連絡願います。

 福島日独協会理事長のダイ先生から暑中見舞いが届きました。

 順調な活動がなされているみたいです。

 ところで、カレンさんは好山園にクワガタを取りにこられたのでしょうか?

 こんなふうにたくさんいるのです。

クワガタ

 今年は雨ばかりで、自宅での2年目の百姓はさんざんです。

 草を育ているばかりで収穫があまりありません。

 夏野菜でビアホールの夢が崩れました。

 来年に期待です。自然にはかないません。

 特に未熟者の私は為す術もなく・・・

 下は、好山園のうどです。

うど

 そして、こちらは金魚。

 なかなか育ちません。

金魚

 8月5日は父の13回忌で若松泊まりでした。

 一段落したら暑気払い?どうでしょうか。

 忙しいでしょうが御身お大事に。

 ではまた!

    
 

葉羽 (2015.9.19追記)

 冒頭、「ケメさんの俎板」とあるのは、これに先立って6月に開催した流しソーメン大会でケメさんが持ってきた俎板が、イベント後に行方不明になったものです。

 みんなでずいぶん探したんだけどなぁ・・いったいどこから出たんだろう?

 で、日独協会のダイ先生は好山園イベントに参加したことがありました・・多分。(人数が多いのでよく記憶していません。すいません。)

 カレンさんは息子さんが居るのですが、流しソーメンでは単独参加だったので、虫取りが好きな息子さんを連れてまた来ますと言っていました。楽翁師匠は「いつでもご自由に」と。

 好山園の金魚は、師匠が夜店で買って来たものを池に放したもの。

 ここって、少しずつ清水が流れ込んでできているので、ちょっと淀んでます。(流れ出さない)

 育たない・・というか、「良く生きているな」と思いますけど(笑)

PAGE TOP


  banner Copyright(C)好山楽翁&葉羽.All Right Reserved.