<<INDEX | <PREV NEXT>

 
  by Suzaku-RS / Site arranged by Habane
"Look Forward" by TAM MusicFactory

朱雀RS 今年6月で、母は85になる。

 

 記憶・耳・眼・血圧・・・
 少しづつ衰えて行く母を見つめている。

 大袈裟な僕は去年
「オフクロがボケたぁ!!」と大騒ぎしたものだった。

 主治医に相談したら・・・

「ああ、それ普通ですよ!」

「人間も古くなれば、少しずつ壊れて行くものなのです。」

(悪魔の声)このやろぉ~物みたいに言うなぁ!

「高血圧が気になりますが、特に異常はありません。」

 ほっとするにはしたが・・・なんだか、やるせなかった。

ふるさと

ふるさと

(吾妻小富士)

 そんな母から、唐突に一通の便りが届く。

『今年も健康第一に生きて行きましょう。
 ヒデユキにとって、今、現在が一番大変かも知れませんよ。

 私も何回もそうゆう時がありましたが、
 ガンバッテ今まで生きて来ました。
 まだまだ死なれません。

 今年もみんなが健やかに生きて行くことを心から願っています。
 元気でね。
 謹んで新年のお慶びを申し上げます。』 母より

朱雀RS「お~い、ダイジョブかぁ??」

 かあちゃん、オレ28年振りに、この正月は家に居たからぁ!
 雪がないから、山篭りせんと実家に居たからぁ・・・

 ぼけてんじゃぁねぇぞぉ!

夕暮れ

夕暮れ

 僕はふと思い出した。
 あの女は、チャメでC調(どっかずっこけてるの)であった。

 ああ、年賀ハガキ余ったんだなぁ・・・
 これ、かえってダイジョブなんじゃねぇかぁ?

 言葉一つ一つに家族の歴史を思い出していた。
 母と息子、父と息子・・・Etc

 僕は15で家を出ていたので、
 記憶も歴史も極めて希薄だ。

 僕は彼等になにも期待していないし、
 彼等もまた、僕にはなんの期待も持ってはいないであろう。

 そこへ、この便りである。やっぱり、なんだかやるせない・・・
 少しの涙に・・・僕は今、家族を思う。

 家族って・・・・・・

家族って・・

家族って・・

 家族って、寄り添い支えあって生きて行く最小単位。
 最後にはやっぱり帰化する場所、それが家族!?

 僕は8歳の頃から、全国各地を転戦する競技者だったので
 家族のことは良く判らない。

 週末は移動する車の中で大半を過ごした。
 ホントは支えられて競技人生がおくれたことさえ、
 良く理解していない。

 15で越境入学したので、家庭の団欒なども良く判らない。
 物心ついた時の僕の単位は一人だったような気がする。

 家庭や家族を強く意識するようになったのは、
 つい最近のことだったような気がする。
 父はもう空に居る。親不孝しかしなかった。

 年老いた母が言う・・・

「ヒデユキちゃん、アタシが生きてる間は、ちょくちょく帰っておいで」

はやくきてくたされ

はやくきてくたされ

(野口シカの手紙)

 ガキの頃は親なんて逆らう為にしか存在していなかった。
 僕はちょっと困ったちゃんだった。
 今頃、優しくすんなよなぁ~!

 家族と仕事のことばかりを考えていた・・・
 なんだか悔しい・・・

 あの時、こうすれば良かったなんて想いばかりだ・・・。
 やっと、気付いたよ! これからの事しか実現はしない。

 クソオヤジとクソガキで俺達は良かったんだ!
 うん、良かったんだ。

朱雀RS オヤジィ、良かったんだよなぁ?

親父の背中

親父の背中

 僕はきっと好き勝手に生きてきた・・・
 それが正しいかは定かではない。
 でもね、きっと良かったんだよ!

 ここ数ヶ月はね後悔ばかりしていたんだ。
 だけどね、時間は戻せないものね・・・先の事を考えようぜ!

 これからどうしてくれようか・・・歩きながら考えるさ!
 次のフィールドへと・・・

 家族や仲間のことを凄く考えるようになった・・・
 円・和なんて漢字が頭に浮かぶ・・・

「人」って漢字が脳裏をよぎる。
「人」は支えられて皆生きているに違いないんだ。

ふるさと

ふるさと

 久しぶりに教会でも行って・・・祈って懺悔でもして来ようか?

 唯一の気がかりは残るが・・・
 うん、それでさえ・・・全てを受け入れて、
 なおヘコまない自分をイメージしよう!

 ある程度運命で、ある程度自業自得。
 おい、てめぇのなりたい自分ってぇ奴を考えな!!

朱雀RS「お金持ちになりたいっ!」

 あっ違った・・・
 今、やはり、母の意志を引き継ごうかと・・・強く想い始めました。
 あの女はきっと・・・

「人として正しくあること」

 そう心に決めて、生きて来たに違いないんだ。
 そうきっと、きっとね、それだけのことだったんだよ!

 オテントウさまが、東から登って
 西へ沈むことを喜べるような人生を・・・

 余った優しさしか貰えなかった・・・
 余った優しさしかやれなかった・・・
 それはそれで・・・仕方なかったんだよ・・・

 でもね、きっと今は違う・・・
 おい、てめぇのなりたい自分ってぇ奴を考えな!!!

 上を向いたらキリがない
 下を向いたらアトがない
 さじをなげるはまだまだ早い
 五分の魂 泣いて 泣いてたまるかっ!
 夢がある

(by 朱雀RS 2012.12.31 リニューアル・アップ)

葉羽いいお母さんだな。幸せ者だよ、お前は。


 


PAGE TOP

 

 Copyright(C) Suzaku-RS&Habane. All Rights Reserved.