その133
目次へ前へ次へ

 

   うつろひ~晩秋の愁ひ (詩:葉羽)

 酷暑が去り
 蒼鉛色の空

 コロナから
 息を潜める雲の底

 秋冷の風に
 芒(ススキ)棚引き

 向日葵は
 逝く季節(とき)を懐かしむ

 彼方望めば
 帰巣する山鳥たち

 幾つの秋を
 越えて来たりしか

 我が哀しみ
 雲の間に間に

Poem by 葉羽
 MP3 by 音楽の卵 “紡ぐように”
  Site Aranged by Habane
   Photo by 大和伸一”病葉”

PAGE TOP


 

banner
Copyright(C) Habane. All Rights Reserved.