<<INDEX ||  <PREV / NEXT>



 Report by MARUYAMA Yoshiko
 Mp3 by H/MIX GALLERY "悠久の絆"
 Site arranged by Habane
 

        

【2011/7/17】 

現地滞在の3日目。

 早く作品設置ポイントを決定しないと、制作日程が厳しくなる。

 作家達はそれぞれに地域内を歩き回り、インスピレーションをかき立てるような場所に出会おうとしている。

 道でばったり出会うたびに、「ポイントは見つけたか?」と尋ね合う。

 同じアーティストに何度も出会い、お互いに苦笑。

 私は、もう一度ハイキング行程の途中までを登ってみたり、フィヨルドの岸に沿って歩いてみる。

 さんざん歩いて、ふと道の傍の、岩がむき出しになった丘に登ったら、木立によって家などの人間の生活の痕跡がすっかり隠れ、周囲360度、山に囲まれた状態になる草原を見つけた!

 イャッホ~~ィ!!

山に囲まれた草原を発見!
山に囲まれた草原を発見!

 テーマは決めてある。

 この雄大な山に向き合える場所に、枝や石などで"廃墟"をつくろう。

 それは、地震と津波と原発事故によって激変した故郷、東北の光景でもある。

 東北は圧倒的な自然の破壊力を体験した。

 この廃墟は遠くから眺めると、"きこえるかい?" "Do you here me?"という意味のノルウェイ語 "HORER DU MEG?"という文字の並びとなって現れるはずだ。

 廃墟から発する、この自然への語りかけは、あの大災害の後、人間が生物として大いなる自然と向き合う、最初のコンタクトだ。

 私はここノルウェイに、それを体感するために来ている。

ストーティング:ノルウェー議会議事堂
ストーティング:ノルウェー議会議事堂  (Wikipediaより)

 参加アーティストは圧倒的に女性が多く、加えて、男性の参加者も料理上手というラッキーな条件。

 夕食は日々料理人が替わって腕を振るうことになる。

 今晩のメイン料理は、最年長のエヴリンとカミラが魚と野菜のスープ。

 私が、このあたりでは珍しい大根で明太子サラダを作った。

 赤ピーマンも少し加えてジャパンカラーにし、日本から持参した明太子ドレッシングで和えただけなのだが、「おいしい!サンキュー、ヨシコ!」と言われた。

        

<<2011.8.17 Release by Habane>>

 

 

PAGE TOP


 フィンランド滞在制作日記
 Copyright(C) MARUYAMA YOSHIKO & HABANE.All Right Reserved.