<<INDEX | <PREV / NEXT>
 
  by Maruyama Yoshiko / Site arranged by Habane
"yggdrasil" by -WindSphere-
 

(丸山芳子)いよいよ展覧会の開幕です。

 

【2019/9/23】 オープニングセレモニー

 20日のオープニングセレモニー。

 ヒルッカ館長から、一人ずつ手作りの花を手渡されて、2年かけて開催にこぎつけた感激をかみしめた瞬間。

(※写真は中津川 浩章氏が撮影)↓

The opening ceremony. Every artists were introduced. We received a handmade flower from the director Hilkka, I was moved that we reached this wonderful exhibition after 2 years preparing.

 

【2017/9/23】 オープニングの様子

 [精神の〈北〉へ vol.10:かすかな共振をとらえて」 20日のオープニングの様子を、参加者の石倉敏明さんのアップから。

 参加作家も美術館の方々も、高揚感を言葉で示してくれて、ほんとうに実現して良かったと思う。

(※以下の写真は石倉敏明氏が撮影)↓




Spirit of "North" vol.10: Sensing Faint Resonances Opening Photo by ISHIKURA Toshiaki

 

【2017/9/28】 かすかな共振をとらえて

 精神の〈北〉へ vol.10:かすかな共振をとらえて
 Spirit of 'North’ vol.10: Sensing Faint Resonances

 もうすでに参加作家からの投稿がたくさん出て、企画者の私が一番遅い投稿になってしまった。自画自賛になってしまうけれど、内容の深い充実した開催にすることができたと思う。

 2011年に東北を襲った災害をしずかにアートとして昇華し、東北やラップランドにゆかりを持つ作家たちの表現が響き合う様は、しくんだものではない自然な発生だったと思う。

 その共振のひとつひとつを驚きと喜びで受け止めた。

 これをぜひ日本でも紹介する機会をつくりたい、というのが参加作家や関わった人たちの総意だ。

 まだ画像をまとめきれていないけれど、少しずつ紹介していきたい。

3つの広いスペースの一番奥
Mia Hamariの木彫
中津川浩章の絵画
石倉敏明の映像

3スペースを貫いて隙間があけてあり、中央の丸山芳子と
奥の丸山常生のインスタレーションが見える。

photo:Maruyama Tokio


もう一方の端のスペースからは、貫いて、中津川の大画面 が見える。
丸山常生のインスタレーション
Helena Junttilの絵画

photo:Maruyama Tokio


中央のスペースは、両隣のスペースからの共振を受け止めつつ、
このスペースの表現同士が共鳴を生んだ。

丸山芳子のインスタレーション
「森羅万象というあなた / You Who Are Creation」と絵画
Mia Hamariの彫刻「Home」


中央のスペース。
千葉奈穂子の映像「Seaside Town」
Helena Junttilaの絵画(左)
丸山芳子のインスタレーションと絵画(右)


中央のスペース。
このスペースは、千葉奈穂子の映像を含めて、Home、 故郷、
私たちの棲む地球に対する意識・思いでつながって いた。

Jukka Tarkiainenの映像「Leaving Home」(右)
Helena Junttilaの絵画「Leaving Home」
Amanda Billbergの映像(左)
Mia Hamariの彫刻「Home」
丸山芳子のインスタレーション


海つながり。
千葉奈穂子の映像。
丸山芳子の絵画「黒い波」
Helena Junttilaの絵画(隙間から見える)


石倉敏明の映像
中津川浩章の絵画(左)
Mia Hamariの彫刻
Helena Junttilaの絵画(中央の奥)

(※右の背景画像はHelena Junttila氏撮影の「Birches」)→

葉羽 ファンタスティック!素晴らしい成果です。

<<2019.9.29 Release by Habane>>

PAGE TOP


  MARUYMA YOSHIKO~発想の泉~
 Copyright(C) MARUYAMAYOSHIKO & HABANE.All Right Reserved.