<<INDEX | <PREV | NEXT>

雑感147 転勤の度に




by Tsuji
Reported by Tsuji
MP3"くつろぎ時間" by 音楽の卵
Site arranged by 葉羽

 もう20年以上前、既に大昔と言ってよいかもしれませんが、平成10年4月に本社から研究所に転勤しました。

 当時もうすぐ中学3年になる息子も親父が転勤することに何となく気付いたようで、「お父さん、今度転勤だって?」と訊いてきました。

  転勤

「そうだよ、今度は研究所だよ」と答えると「お父さん、今は部長代理だよね。今度は?」。

「所長代理さ」と答えると息子は、怪訝そうな感じの顔をしました。

 で「部長代理と所長代理、どっちが偉そうだ?」と聞くと間髪入れずに息子は、「お父さん、そりゃ部長代理だよ」。

  エライ順?(笑)

 それから7年が経ち今度は工場に転勤することになりました。

 息子は大学4年でしたが、「お父さん、今度は工場長?」と訊いてきました。

 部長代理 vs. 所長代理の件が頭をよぎり、「研究所長と工場長はどっちが偉そう?」と訊くと、息子は「研究所長に決まっているよ」と。

 息子にとっては、親父は転勤の度に格落ちしていると思えたのでしょうか。

 確かに東京都千代田区神田(本社)→埼玉県ふじみ野市(研究所)→長野県上田市(工場)と一途な都落ちですね。

  平家の都落ち(平家物語絵巻)

 それから6年が経ち部長として本社へ転勤となりましたが、「お父さん、栄転だね」と息子が言うことはありませんでした。

 社会人6年目となった息子も会社のことが少し分かってきたのでしょうか。

(なお、部長代理と所長代理、そして研究所長と工場長、部長は所属していた会社では同格でした)

  ツーさん【2020.6.22掲載】

葉羽葉羽 同じ名前の役職でも本社と出先では格付けが違うし、格付けって外部の人には良く分からないだろうね。最近多いカタカナ役職なら尚更だと思う。


転勤

PAGE TOP


 

 Copyright(C) Tsuji&Habane. All Rights Reserved.