<<INDEX | <PREV NEXT>

 
  by Suzaku-RS / Site arranged by Habane
"Look Forward" by TAM MusicFactory

 試合には出なくなっていたが、相変わらずリンクには通っていた。

 

 AW市のM子が世界選手権に出場すると耳に入ってきた。

 F県からのワールドカッパーだ。

 いくらマイナースポーツのショートトラックとはいえ、これはもう、とんでもない快挙だ。

 子供の頃から一緒にサーカス(転戦)していた仲間だった。

(へぇ、俺の後ろをヨチヨチ滑ってたアイツがねぇ・・・)

 何の感動もなかった・・・

 ガチンコで滑る娘だった。ちゃんと応援するべきだったのに、そんなことすら判らなくなっていた・・・。

女子スピードスケート
女子スピードスケート

 工業高専の学生は皆、バイトをする。

 身入りの良い夜の街へと出入りを始めた。

 最初は合宿・遠征・学費の為などと理由を付けていた。

 これが、人生の曲がり角だったに違いない。

 中学の同窓生が大学の受験勉強をしている時に、僕はBARのカウンターでシェーカーを振っていた。

 少し経つと僕は世の中を舐め切ってしまっていた。

 下手なリーマンより稼げるようになっていたのだ。

(なんだ、生きるのなんか簡単じゃん!)

シェーカーを振る
シェーカーを振る

 バイト先のママがとても気さくで、なんていうんだろう?

 そう、男前の女だった。

 店が引けると良く一升瓶を片手に持って、床にアグラをかいては、デンと瓶を置いて、

「ヒデ坊、飲もう!」などと言うのだ!

 外見がいかにも女らしくて、男前に振舞う女性はステキだ!

 そりゃ、もう天使に見えてしまう位の話しだった。

 どこかに、きっと、翼を忘れてきちまったんだね!

 僕はたちまちの内にのぼせ上って恋に落ちた。

ツーリング
ツーリング

 二人で良くバイクに乗ってツーリングをした。

 ほほを撫で、髪を流す風が幸せって奴を物語っていた。

「この人の為なら死ねる。」などと本気で思った。

(『愛と誠』の時代だった。)

「俺が守ってやるよ!」などと良く口走っていた。

 いったい、僕の何処にそんな要素があったのだろうか?

 一緒に住もうと申し出た時、彼女は言った。

「アンタと出会えて良かった。」

「アンタと恋せて良かった。」

「どんな時間に連絡があったって、無理してでも会いに行くから、
だから、暮らしだけは持ちかけないで!!」

 なんじゃそりゃぁ~  良く判らないぃ~!

 プロフェッショナルなオミズは、

・本当の顔で本当を言う
・本当の顔で嘘を言う
・嘘の顔で本当を言う
・嘘の顔で嘘を言う

 それをまったく自然に使い分ける。会話のマジシャンなのだ・・・

 僕は悩み続けた・・・

(ほらぁ、そこの君! だめだよぉ、そんなに熱上げて通いつめちゃぁ!)

バイバイ
バイバイ

 やがて、年度末考査の時期が来て、しばらくの間、学び舎に帰っていた後、久しぶりにBARに戻って見ると彼女は消えていた。

 オヤジ(オーナー)に、「ヒデユキ、あいつ何処に消えたか知らねぇか?」と問いただされたが、

「いえ、私は知りません。」と、出きるだけクールに装って答えるのが精一杯だった。どうやら、オヤジんとこの若い衆も居なくなったらしい。

 そんなぁ~

 こんな、ドラマみたいなことってば、あってたまるかぁ!!!

 バカヤロ~ 泣いてたまるかっつうの!

 その夜、僕は声を殺して笑った。

 もう、笑うしかなかった。

 こうして、僕の一世一代の恋は終わった・・・。

失恋
失恋

 今だから、思う。

 あの人は、「このままじゃ、この子は駄目になる。」そう思って、身を引いてくれたのだと!!

 悲しいかな、そう、男ってぇ生き物は、なんでも都合良く解釈しちまうものなのだ。

 僕は二度目の留年を決めて、放校処分が決まり、その街、F県I市を去った。

 風のウワサに、静岡で彼女は幸せに暮らしているらしい。

 18のキツイ失恋であった・・・。

 僕はといえば、折角、退学になったので、大学受検を目指す事となるが、父にとんでもない田舎町に幽閉されることとなったのだった。

(ネオンがないぃ~)

 なんだか、中浪よりカッチョワリィことになっちまったぞぉ~

 上を向いたらキリがない
 下を向いたらアトがない
 さじをなげるはまだまだ早い
 五分の魂 泣いて 泣いてたまるかっ!
 夢がある

(by 朱雀RS 2012.4.19 リニューアル・アップ)

葉羽さま いつも、編集有難う御座います。

 うちの学校なんか写ってるし、猫は可愛いし、福島駅に雪が舞っているし、スゴイィ~

 どうやって探して、どうやって、手に入れているのか、いつも不思議です。

 JAVAは使いこなせるだけで仕事になるらしいし・・・・本当に多才なんですね!!

 配置やアレンジも、とても凄くて、いつも、自分の文章じゃないみたいです。

 これからもよろしく。

 朱雀RSでした。

次回もまた、「スーパー・アンラッキーストーリー」を期待しています♪


 


PAGE TOP

 

 Copyright(C) Suzaku-RS&Habane. All Rights Reserved.