<<INDEX | <PREV / NEXT>


『特捜部Q カルテ番号64』(Journal 64)
 2018年 デンマーク・ドイツ映画
 監督 クリストファー・ボー

 いや〜相変わらず良くてきている。今回は前作と比べると小ぶりな展開だけど、内容はより闇を描いているかな。

 この考えが当たり前のような時代が確実にあった。この日本でもね。それが今でも…。ゾワっとくるね。

 いやもう古典的な展開とも言えるが、見事な出来! 知らないうちに魔の手が広がっている。誰もがそんなことあるかよって思う話。北朝鮮の拉致だってそうだったよな…。やはりゾワってくるね。未体験ゾーンの映画たち。

pie造(2019.6.7掲載)


 
コーナー・トップページへ
 Copyright(C) Piezou&Habane. All Rights Reserved.
BGM「春の予感」