<<INDEX | <PREV / NEXT>


『サラの鍵』(Elle s'appelait Sarah)(Sarah's Key)
 2010年 フランス映画
 監督 ジル・パケ=ブランネール

 タチアナドロネ の小説の映画化。

 彼女たちを決して忘れてはいけない。そんな思いが見事なほど伝わってくる素晴らしい映画でした。

 今の平和が当たり前と思ってはいけない。黄色い星の子供たちも良かったが、これはその上を行くな。ヴェルディブ事件を描いた映画。

pie造(2019.5.26掲載)


 
コーナー・トップページへ
 Copyright(C) Piezou&Habane. All Rights Reserved.
BGM「春の予感」