<<INDEX | <PREV / NEXT>


『ハンターキラー 潜航せよ』(Hunter Killer)
 2018年 アメリカ映画
 監督 ドノヴァン・マーシュ

 ドンキース ジョージウォレス の『FiringPoint 』が原作。これ、めっちゃ面白かった。前置きをダイジェストの様に省いて本チャンに十分に尺を取っている。だから展開が早い早い!ここまでやられたら、もう清々しささえ覚える(笑)

 ミッションインポッシブルのようなスパイアクション映画の展開が、この手の映画にまで影響しているんだろうね。 ロシアのシークレットサービスも強くて忠誠心があって…さらにロシア軍も悪く描いていない。もう憎いね〜って感じ。脇役好きにはたまらない展開(笑)そんなスポーマンシップに溢れたような映画で、そこに忠誠心や自己犠牲など絡められたら、もうたまりませんよ👍

 このカタルシスはやばいです😀 アメリカの評論家からの評価は低いらしい。やっぱり映画評論家の言うことは当てにならないね。完全に観る目が違っちゃっている。考察することが仕事になるとズレちゃうんだよな😅日本も同じだ。漫画のようでありTVゲームのようであり宇宙戦艦ヤマトのようである。それで良いじゃないか(^o^)/

pie造(2019.5.8掲載)


 
コーナー・トップページへ
 Copyright(C) Piezou&Habane. All Rights Reserved.
BGM「春の予感」