<<INDEX | <PREV / NEXT>


『ベンゴ』(Vengo)
 2000年 スペイン映画
 監督 トニー・カドリフ

 満を持して観ましたよ(^o^)/ 予備知識を極力入れないタチなので、ガトリフの映画としては意外と激しい感じでした。でも、ロマ音楽はめっちゃくちゃ堪能出来た👍

 家同士の対立。場所はスペインのアンダルシア地方。設定は整っていますね(笑)説明的描写は最低限。でも、そこは逆に好きなパターン(^o^)/ 全てに熱いロマ人 それは血筋のこだわり、一族の繋がり 義兄弟の繋がりにも出るんだな。日本人の精神にも通づるものだと思う。

「私はアラモの生まれ アラモで生まれた女 私には居るべき場所がない 懐かしい風景も まして故郷などありはしない」…ロマの歌の歌詞が沁みる。

 動画あり。日本の歌が聞こえてきたときはびっくり。ムード歌謡はロマ音楽と通づるのかも! 本物の熱い音楽。本物の歌声。主演の男は世界的フラメンコダンサー。でも映画では一度も踊らない。フラメンコは女性が一番美しく見えるダンスかも。トニーガトリフ観るならこの映画がベスト。素晴らしい。何度でも観たい。

pie造(2019.1.19掲載)


 
コーナー・トップページへ
 Copyright(C) Piezou&Habane. All Rights Reserved.
BGM「春の予感」