<<INDEX | <PREV / NEXT>


『ギター弾きの恋』(Sweet and Lowdown)
 1999年 アメリカ映画
 監督 脚本 ウディ・アレン

 原題は 優しいロクデナシ 不器用っていうより、表現者ってのはこういう物なんだよなって思った。

 それでいて、自分では気づかない程純情だったりする。そこが切ない。

 ショーンペンはほんまにいい役者や。確かに道ではあるな。ウディアレンの映画では上位に入る👍ウディアレンの映画はあんまり観てないが😅

 いいアーリージャズが聴けた 原題が絶妙なんだよな。

pie造(2020.7.19掲載)


 
コーナー・トップページへ
 Copyright(C) Piezou&Habane. All Rights Reserved.
BGM「春の予感」