<<INDEX | <PREV / NEXT>


『芳華 Youth』 2017年
 中国映画
 監督 フォン・シャオガン

 すーっと始まって、すーっと終わる。でも中身が濃い。これは良い映画でした。

 . . 戦争や政治に翻弄される若者。この若者たちは純粋で残酷で。でも極めて若者らしく時代を生きていく。だからこそ、歳を取った時の感慨も深い . .

 終盤はやや失速感があったけど、それでも十分に傑作だと思う。タイトルの意味がはっきり分かるラストも見事。

 前回postのCOLDWARと似てる! 映画の質は違うが描くものは共通している。好みはCOLDWARなのだが芳華の方が好きだな。

 戦闘描写がかなり強烈。第二次世界大戦より近代兵器だからか。
 文化大革命。

pie造(2020.5.17掲載)


 
コーナー・トップページへ
 Copyright(C) Piezou&Habane. All Rights Reserved.
BGM「春の予感」