<<INDEX | <PREV / NEXT>


『パリの灯は遠く』(Mr. Klein)
 1976年 フランス映画
 監督 ジョセフ・ロージー

 予想とは全く違う種類の映画だった。だから、逆に惹きつけられたよ。恐れ…からかな 得体しれないものに引き込まれたのか。

 奴は実在したのか?考えれば考えるほど謎であり その怖さが時代を物語るのか。

 アランドロンがいい感じだった。ラストは唖然。カフカの審判は読んだことない😅 カフカの不条理世界がベースらしい。変身しか読んだことない😅 真実はなんだったんだろう? 冒頭がかなり印象深い。

pie造(2019.9.8掲載)


 
コーナー・トップページへ
 Copyright(C) Piezou&Habane. All Rights Reserved.
BGM「春の予感」