<<INDEX | <PREV / NEXT>
 



  遠く  by まめしば

 生まれた雛を育て上げ
 ひとりで飛べるまでにした

 この手を離れて小燕は
 小さな羽根をはばたかせ
 雨風に耐え海を越え
 見知らぬ国へと飛んでった

 いつでも帰ってこれるよう
 巣箱に藁を敷き詰めて
 いつでも戻ってこれるよう
 小枝の赤い実集めては

 遠くで嵐にあわないか
 爪ある鳥にあわないか

 小燕達は大空を
 飛べる翼が嬉しくて
 もといた古巣を忘れても

 今日も赤い実集めてた
 いつでも帰ってこれるよう
 戻らぬことは知ってても
 帰れる場所のある様に


Poem by まめしば
BGM FANTASY MUSIC "海辺の街"
Site Arranged by Habane


まめしばまめしば
 守られていたことに 気づかない幸せって
 きっとあるんだと いまさらながら思います
 感謝を込めて。。。。!
その72

PAGE TOP


 

banner  Copyright(C) まめしば&Habane. All Rights Reserved.